所感ブログ

書きたいことをつらつらと。Twitter延長戦。

手作り感がある映画と、そうでない映画

手作り感ある古い映画が好き。60年代〜CGが登場し始めた頃の、作った人の汗が見えるような作品。 今の映画も人が作っていることは変わらない。なのに、なぜそれらが感じれないのだろう。 PCのスペックがあがって以前よりCG制作がちょっとは楽になった?その…

My 2020

少しずつ振り返る。 観た映画 ベスト10 読んだ本 窓際のトットちゃんを読んだ オーケンのエッセイ本を狂った様に買い漁った 10年ぶりぐらいに小説を読んだ 聴いた音楽 買ってよかったもの ステッパー 4Kモニター モニターアーム ネックスピーカー その他 仕…

アベンジャーズ全部を見た

洋画っておもしろい 格好いいってすごい ストレートに面白いものを作れるのはすごい 最後に、好きな作品 アベンジャーズ/エンドゲーム(吹替版) 発売日: 2019/09/04 メディア: Prime Video おもしろかった 今更かもしれないが。まさに「映画って本当に良いも…

「ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集」

ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集 (福音館創作童話シリーズ) 作者:斉藤 倫 発売日: 2019/04/10 メディア: 単行本 タイトルに惹かれて図書館で借りた。 なんとも不思議な雰囲気の本だった。 自分はいとも簡単に大人になったように…

「観察」は技術

観察の練習 作者:菅 俊一 発売日: 2017/12/05 メディア: 単行本 「観察の練習」を読んだ。 「観察」とは、日常の小さな違和感に気がつくこと。そこから「良い」気づきを得るために「観察の練習」が必要。 コロナであまり外に出なくなったことから、目にする…

銀杏BOYZが気恥ずかしくて聴けなくなった

Apple Musicを開いたら銀杏BOYZの新アルバムが出ていた。懐かしい。学生のとき大好きだった。 聴いてみたら何だか気恥ずかしくって、とばしとばしになってしまった。 銀杏ってこんな感じだっけ?と昔のアルバムを聴いてみた。相変わらず聴けた。好きな曲がそ…

コロナ禍で変わった、本と服の価値観

コロナ禍で変わった価値観が2つある。それは本と服。 本 本はこれまで電子書籍一択だった。漫画も技術書もなんでも。欲しい本があっても電子が無いのなら買うのを迷うぐらい、電子を愛用していた。 しかし最近はだんだんと紙媒体を買うことが多くなってきた…