人生所感ブログ

つらつら自由にやってます

高橋留美子傑作短編集を読んだ

shogakukan-comic.jp

高橋留美子傑作短編集を読んだ。めちゃくちゃおもしろい。

なんでこんなこと思いつくんだろう?!七福神の宝船を海賊船にするとか。ゴミからゴミにしかテレポートできない、という設定の抜け感がおもしろい。天才じゃん...。

絵も好きな時代のときなので嬉しい。うる星やつらでいう、一話とか二話とかそのあたり。女の子の目がきゅ〜っと上向いて気が強そうなあの感じ。

 

そう、高橋留美子は初期の絵柄が好き。ストーリーとも合っている。

だから今やってるうる星やつらのアニメは、いや今やっても違うだろ〜と思っている。

絵柄とストーリー、この2つがピッタリ合ってないと、時代にハマらない気がする。食わず嫌いで見てないけど...。

ダストスパート!!を今リメイクしても「ちょっと違う」になると思う。そのとき、その時代に描かれたものだから良いんだよ。

動画文化、とっとと廃れれほしい

最近なんでもかんでもコンテンツを動画にしすぎじゃない?

レシピとか楽器の弾き方とかは確かに動画で良いと思う。

 

しかしそれ動画の意味ある?っての多すぎじゃない?!

映画・漫画の考察とか、手帳やNotionの使い方とか...、いやそれ文章でいいじゃん

自分自身を売りたいんだが何だか知らないが、そりゃ倍速視聴がまかり通るわと思う。だって見てるのが面倒だもん。文章だったら取得する情報をすべて自分で調整できるのに。

 

動画に向き不向きのコンテンツというのは確かに存在するんだからその辺見極めてほしい。動画にすりゃ良いってもんじゃない。動画自体の質が落ちていってしまう。

 

あ〜あ動画文化とっとと廃れないかな。

映画のパンフレットをまた買おう

久々にパンフレット棚を見たら、その少なさにびっくりした。

数年前の大掃除で、映画のパンフレットを整理したのだ。かなり厳選し、今手元にあるパンフレットは以下。

掃除あるあるだけど、捨てなければ良かった...。

ONE PIECEのは初めて映画館で観たワンピ。今でも好き。というかかなり出来が良いと思う。デジモンと同時上映だったな。まだ映画館が入れ替え制じゃなかった。
陰日向に咲く」は初めてひとり映画館デビュー作品。
有頂天ホテル」は「ALWAYS 三丁目の夕日」と同時上映で、ALWAYSが先だったからそっちに感情すべて持っていかれてしまって、有頂天ホテルの内容がぜんぜん入ってこなかったのよね...。イライラさえした笑

と、まぁひとつひとつ思い出がある。

murmur-note.com

ここで言ってたことと同じように、作品自体に思い出が残るけど、パンフレットという形として残すのも大事だなぁと思った。重要なこと書いてあったりしておもしろいしね。読まないと映画の解釈ができないときもある。

 

子供と映画館に行ったときはパンフレット買うけど、それ以外でもなるべくまた買いたいな〜と思った。