人生所感ブログ

つらつら自由にやってます

自然分娩を選んでほしいなという気持ち

www.nhk.jp

年間2800件のお産が行われる病院で、特に出産が多かった1日に密着。4つのお産が同時進行するも、臨機応変に対応していくスタッフ。しかし、当番医2人が帝王切開手術中に、別の部屋で出産間近に。ピンチを救うために現れた意外な助っ人とは?さらに、初産の夫婦に試練が。朝から何も食べていない2人の前に出されたスペシャルランチ。妻のケアとランチの誘惑、夫の選択は?父として共感し、学びを得るオードリーにも注目!

先日 100カメの「赤ちゃん誕生2」を見た。

その病院では4人に1人が無痛分娩だということで、番組内でも無痛分娩の様子が2人ほど流れていた。最近は無痛分娩増えてきているんだろうな。

 

自分もはじめは無痛分娩を希望してた。出産が怖くて。だけどそんな理由も言えず、渋い顔する母親には「産後の回復が早いから!」「海外では普通!」「赤ちゃんにも負担が少ない!」とメリットを訴えてた。

しかし無痛分娩は既に予約がいっぱいだった。絶望だったけど、道が閉ざされた瞬間、逆に道が開けた感じがした。
「いや、普通に産めばいいじゃん。大昔からそうやってみんな産んできたんだから大丈夫でしょ。何とかなるか。」って。それに赤ちゃんだって一生懸命産まれてくるんだから、一緒に頑張りたいなと思った。

出産は確かに痛かったけど、産まれたときはマラソン完走したような気持ちよさがあった。今振り返れば楽しかった。陣痛は波があるから、「次はこうやって痛みを流そう」とか色々試したり。結果的に自然分娩で良かったぁと思えた。

 

とか色々あの頃のことを思い出した。

 

もし初産で、特別な事情がなければ無痛でなく自然分娩を選んでほしいな〜〜〜と思う。自分のように「出産が怖いから」という理由であれば尚更。初めてのことは誰だって怖い。でもせっかく女に産まれたなら、貴重な体験だし一度は体験してみても良いと思う。一個人の意見として。

 

それにしても100カメおもしろかったな。男と女ってやっぱり違う生き物なんだなぁと。良い意味で。あと出産ラッシュを終えて病院のスタッフが「今日楽しいね!」と言ってたのすごく印象的だった。いいなぁ!