人生所感ブログ

つらつら自由にやってます

読み古した本の方が好き

2023年にやりたいこと」で宣言した通り、中島らもの本をさっそく読んでいる。

永遠も半ばを過ぎて」からスタート。

図書館で借りたんだけど、そのボロボロさにまずびっくりしちゃった。その前まで往来堂書店で買った新品の本を読んでいたというもあるだろうが。

普段から本は図書館で借りる方が多いけど、ここまでのボロボロさはちょっと珍しい。ページは茶色く変色しているし、水濡れのあともある。

でも味わいがあって良いなぁと思う。見ず知らずの他人達と共有してる感じが良い。いつどこで出来たシミなんだろうとか、みんなどんな気持ちで読んでたんだろうとか考えるのが楽しい。

新品の本も紙の良いにおいがして気持ちいい。けど、汚しやしないかと、ちょっと緊張する。

自分はちょっと読み古した本の方が気軽に読めていいな〜という話。